赤ちゃんの水に悩むお母さんへ
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

赤ちゃんのミルクの水はピュアウォーター(純水)や軟水のミネラルウォータ利用しましょう。

赤ちゃんの水

いつも飲んでる水ですが、赤ちゃんが飲む水は水道水でいいのかな? と気になっているお母さんへ。

生まれたばかりの赤ちゃんにはいろいろと気を使いますね。おっぱいがいちばんだけれど、母乳をあげられないときやお母さんの体調がつらいときなどには、ミルクの助けを借りなければなりません。

赤ちゃんの内蔵は消化・吸収の力、排泄機能がまだ未熟なので、摂取する水は硬度の低い軟水の水を飲むのが良いとされています。

また“粉ミルクの調乳”に、硬水のミネラルウォーターはよくないと言われますが、これは、粉ミルク自体のミネラル(栄養素)バランスを崩す恐れがあることから言われています。軟水のミネラルウォーターであれば、大丈夫です。

粉ミルクの調乳の水は水道水で考えられていて、ミネラル(栄養素)バランスを保つようになっています。しかし、水道水は塩素で消毒をされているのと、雑菌がゼロではありません。また、水道水をいったん沸騰させたお湯を使うといいと言われますが、有害物質は取り除けないようです。

赤ちゃんに安心な水こちらベビアクアプラン

赤ちゃんにとって、安心なお水の条件とは?

赤ちゃんの水

赤ちゃんが口にするお水は残留塩素や汚染物質など不純物が含まれていない安全なお水を考えたいものです。

方法として一般的な家庭用浄水器を付ければ、お水に含まれる残留塩素や鉄サビなどの不純物を取り除くことはできますが、ダイオキシン類や鉛などの除去は大変難しいと言われています。


《水道水を沸騰させた水を使用する場合の注意点》

水道水が塩素消毒をしているのは、水源が汚染されているからです。しかし、飲み水にするには、消毒をしないと飲めないので仕方がないですね。ただマイナスな面として、浄水場で塩素殺菌を行う際に発生する発ガン性物質のトリハロメタンが発生する可能性が多くなります。これを取り除くために水道水を沸騰させれば、除去できるといわれています。

ここで、注意しなければならないのは、沸騰状態がトリハロメタンは、普段の2〜3倍の量となるといわれています。これでは意味がないですね。除去するまでは、15〜20分の沸騰を続けてから使用したほうがいいようです。

赤ちゃんにとって、安心なお水

赤ちゃんが口にするお水は残留塩素や汚染物質など不純物が含まれていない安全なお水

アクアクララのお水は硬度29.7の軟水

高レベルのろ過したお水

ナノテクノロジーを駆使したシステムで、不純物を取り除いたピュアウォーター

赤ちゃんのミルクづくりにも安心

有害物質の除去には『RO膜ろ過』が効果的

宅配エリア:北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、新潟県、長野県、富山県、石川県、福井県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、愛知県、岐阜県、静岡県、三重県、大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄 一部の地域の除く全国に対応!

赤ちゃんに安心な水

赤ちゃんグッズ

Copyright © 赤ちゃんの水に悩むお母さんへ All rights reserved